通信制高校から有名大学は目指せるのか

「通信制高校からだと良い大学に行くのは無理」―このような風潮が世間一般にあるのは否定できません。しかし実際はというと通信制高校で得られる「高卒資格」と普通の高校を卒業した際の「高卒資格」は同一のものです。つまりどのような大学であれ、本人にその意思さえあれば大学入試を申し込む事は通信制高校からでも十分に可能なのです。「申し込めても結局良い大学だと落とされてしまうのでは」―全日制だろうと通信制だろうと何処の高校を卒業しようと原則試験の難易度は一律です。難関大学の入試を突破するのはどのような高校を出たかではなく、在学時のあなたの努力によって決まるものです。 通信制高校から有名大学へ

 

《オススメする通信制高校サイト》
ウェルカム通信制高校ナビ・・・550校以上の情報を紹介!エリア検索で学校を探して《無料資料請求》しよう!

不登校・・・不登校になった不良少女が希望を見出していく小説サイトです。


 

【通信制高校だからと妥協していませんか?】

昨今「全入時代」などと揶揄されており行く大学を選ばなければ何処かには進学できるとまで言われています。大学の数はそのままに少子化の影響か生徒の数が減ってしまった事を起因としており入試に挑む人数もそれに伴い少なくなっています。当然入試希望者が減れば希望校への進学率は上がる為、適切な表現では無いものの自分の希望にそれなりに見合ったあまり人の行かなさそうな穴場大学を探せば案外普通に要望を満たす事ができてしまいます。しかし通信制の高校である事や時代のせいにして難関大学への挑戦を諦めてはいないでしょうか。


 

【難関大学突破の難しさは古今東西一律である】

全入時代でも難関大学などと言われる知名度の高い大学は依然としてその競争率が維持されています、むしろ半端な大学を卒業しても意味が無いと有名大学への需要はあがっているくらいです。しかし今の時代に限らず何時の時代もこれらの大学への進学が難しい事は共通して変わりません。通信制高校から大学を目指すのであれ、全日制高校から志すのであれ、また昔であろうと今であろうと全く同じ土俵で戦う事に違いありません。